pickup
【四柱推命 60干支】 丙子の全知識〜性格・特徴・恋愛傾向・結婚運・相性・鑑定方法

60干支別の性格・特徴・恋愛傾向・相性などを

徹底解説します。

今回は、「丙子」編です。

では、さっそく解説していきます。

丙子の基本情報

丙子の基本情報

・天干:(明るい・華やか)

・地支:(クール・恋愛上手)

・十二運:(ロマンチスト・アイデア力が強い)

・納音:潤下水(純粋・独自の世界観を持つ)

・納音十二運:自旺(ワンマン・実行力が強い)

・天中殺:申酉天中殺(友人に恵まれる・人脈が広い)

性格・特徴

丙子の性格・特徴①:特殊な能力に恵まれる

・丙子の方は、特殊な能力に恵まれる方が多いです。頭の回転が速く聡明で、直観力も優れます。発想力にも優れ、トーク力もあります。基本的に、なんでもできるタイプです。まれに、霊感など、特殊な能力を持つことも。

丙子の性格・特徴②:二面性がある

・丙子の方は、二面性を持ちます表面的には、明るく、付き合いやすい人という印象を与えます。一方、内面には、静かな落ち着いた世界が広がっています。少し暗い部分であり、孤独感を持っていることが多いです。内面を理解してくれる方と出会えると、精神は安定します。

丙子の性格・特徴③:熱しやすく冷めやすい

・丙子の方は、熱しやすく冷めやすいです。何事もエンジンがかかるのは早いですが、反面、飽きも早いです。持続力にかけるため、大事なことは、短期集中型で臨むと良いでしょう。

恋愛傾向

丙子の恋愛傾向

・丙子の恋愛傾向は、異性にモテる傾向となります。もともと、美男美女が多く、会話の引き出しも多い丙子は、異性にモテます。繊細ですが、素直なため、アプローチもスムーズです。恋多き傾向となります。好きな相手には、一途です。

結婚運

丙子の結婚運

・丙子の結婚相手は、美男美女となりやすいです。華やかに見える結婚運ですが、波乱を含みます。丙子、配偶者共に、色情に溺れやすく、ちょっとしたきっかけで、不倫をしてしまうことも。精神的な結びつきを重要視する傾向があるため、常に相手を気遣うなど、精神的な結びつきを日ごろから強めることが必要となります。

相性の良い干支

相性の良い干支①:辛巳

・クールで人当たりが良い辛巳の方とは、自然に仲良くなれる相性です。どちらも、内面の静けさを持っているので、共感できる相性です。本音を見せても安心できる相手です。

相性の良い干支②:乙丑

・自己主張が控えめで、些細な気遣いが出来る乙丑には、丙子が何かと甘えたくなる相性です。安心して本音を見せられる相性で、ついつい一緒にいることが多いです。

相性の良い干支③:戊辰

・やや頑固すぎるくらい、自分の意思がはっきりしている戊辰に、コロコロ意見が変わってしまう丙子は、安心感を覚えます。同時に学びが多い相性です。戊辰の姿勢は、丙子に向上心や前向きさを与えてくれます。

相性の悪い干支

相性の悪い干支①:己酉

・自己中ですがどこか可愛らしい己酉には、ペースを乱されがちとなります。相手に尽くし過ぎてしまう傾向があります。己酉は、サバサバしているので、近づいたものの、毒を吐かれ傷つくことも。

相性の悪い干支②:庚午

・真面目過ぎる庚午は、繊細で柔軟な丙子にとって、窮屈に感じる相性です。また、丙子は内面の世界を大事にするのに対し、庚午は体裁やルールを重んじます。根本が異なる性格です。

相性の悪い干支③:丁酉

・闘争心が強い丁酉は、人に執着しない丙子と異なる性格です。丙子が寄り添っても、丁酉が闘争心むき出しとなり、仲良くなれません。距離を縮めるのに苦労する相性です。

丙子の鑑定方法

少し専門的となりますが、

占いを知らない方にも分かるように

記載しています。

興味ある方は、是非読み進めてください!

丙子の鑑定方法

・子の水の上に、丙の太陽が座している状態です。太陽の火は弱まっているため、木の五行で強める必要があります。これがあると、生活が落ち着き、精神的にも強くなります。周囲からの恩恵にも恵まれます。無ければ、多忙で動き回る人となります。ストレスが溜まりやすくもなります。

夜生まれは、太陽の勢いが弱いので、逆に申と辰で三合するか、亥と丑で方合することが望ましいです。そうすれば、強いエネルギーを持った人となり、多忙ですが、器用に才能を開花させていけます。

他の60干支の解説はこちら

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事