pickup
【四柱推命 60干支】 丙戌の全知識〜性格・特徴・恋愛傾向・結婚運・相性・鑑定方法

60干支別の性格・特徴・恋愛傾向・相性などを

徹底解説します。

今回は、「丙戌」編です。

では、さっそく解説していきます。

丙戌の基本情報

丙戌の基本情報

・天干:(明るい・華やか)

・地支:(世話焼き・頑固)

・十二運:(金運良好・大器晩成)

・納音:屋上土(保守的・凝り性)

・納音十二運:自冠(活動的・強い自我)

・天中殺:午未天中殺(華やか・目上の人に恵まれる)

性格・特徴

丙戌の性格・特徴①:明るい

・丙戌の方は、明るいです。集団の中で、楽しい雰囲気を作れる方で、人気があります。自己主張は控えめで、協調性があるので、人間関係のトラブルになることは少ないです。誰にでも好かれるタイプです。

丙戌の性格・特徴②:本音を見せない

・丙戌の方は、本音を見せないです。外見の明るさとは異なり、内面は、穏やかで神経質です。あまり周囲に暗い部分を見せません。周囲に恵まれる方なので、時には本音を見せても良いでしょう。

丙戌の性格・特徴③:金銭運が強い

・丙戌の方は、金銭運が強いです。仕事が出来たり、商才があるので、自然とお金が入ってきます。また、真面目で、貯蓄好きな一面があります。収入が多く、浪費しないため、お金が溜まっていきます。

恋愛傾向

丙戌の恋愛傾向

・丙戌の恋愛傾向は、楽しく恋愛する傾向となります。楽しいムードを大切にする方なので、恋愛も楽しさを重要視します。特に、共通の趣味を持った方とは、楽しい傾向が強くなるでしょう。

結婚運

丙戌の結婚運

・丙戌の結婚相手は、真面目な方となりやすいです。内面は意外と繊細な丙戌は、恋愛では楽しい相手を選びますが、結婚は真面目な方を選びやすいです。また、丙戌自身、家庭を大切にするので、安定した結婚生活となるでしょう。

相性の良い干支

相性の良い干支①:癸卯

・器用で華やかな癸卯は、丙戌が尊敬できる人物となります。才能を引き出すことが得意な癸卯に、上手く引き立ててもらえることも。人生を次のステップに導いてくれる相性で、人生のターニングポイントで出会うことが多いです。

相性の良い干支②:壬寅

・大らかで、楽観的な壬寅の方とは、楽しい関係となります。お互い楽しい雰囲気を作るのが得意なので、賑やかにもなります。友人、恋人で良い関係ですが、ビジネス面でも良いです。壬寅の高い実行力を丙戌が上手くサポートして引き立て、互いに発展できます。

相性の良い干支③:辛亥

・賢く、感性も豊かな辛亥は、丙戌にとって、勉強させてくれる相性です。辛亥と一緒にいることで、考えが偏屈にならず、上手く能力を活かせるようになります。丙戌を輝かせてくれます。

相性の悪い干支

相性の悪い干支①:壬午

・陽気な部分は似ているのですが、表面的な関係になりがちな相性です。お互い本音を見せないため、距離が縮めにくくなります。距離感がつかめず、衝突することも。

相性の悪い干支②:癸丑

・不器用ですが主張が強い癸丑と、控えめですがこだわりが強い丙戌は、何かと衝突しがちとなります。主導権を争いあう関係になりやすいです。相手を尊重して、合わせることで、良い関係となるでしょう。

相性の悪い干支③:乙酉

・凛とした魅力を持つ乙酉は、丙戌にとって、何かと気になります。自ら近寄っていき、仲良くしていきますが、時に、乙酉の毒舌が災いして、傷つくことも。つかず離れずが丁度良い相性です。

丙戌の鑑定方法

少し専門的となりますが、

占いを知らない方にも分かるように

記載しています。

興味ある方は、是非読み進めてください!

丙戌の鑑定方法

・戌の土の上に、丙の太陽が座している状態です。戌の時間は、太陽が沈む時間帯です。輝きが弱くなるため、地支に寅、午があって、三合すると、良いです。何事もバランスが取れた方となり、良好となります。なければ、常に輪の中心でいたい心と、現実での控えめな態度の間で、葛藤します。自分を理解してくれる方と巡り合うと、運勢は安定します。

夜の生まれは、太陽が更に弱まるので、逆に、亥や子があると良いです。夜生まれは、自己主張が控えめとなりますが、亥や子があると、周囲に引き立ててもらえます。なければ、苦手なりに、自己アピールして、自分で道を切り開いていきます。

他の60干支の解説はこちら

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事